« 小沢一郎は国賊であり逆徒である | トップページ | 小沢悪逆政権の暴虐から、皇室を護り奉ろう »

2009年12月24日 (木)

千駄木庵日乗一月二十三日

午前は、母のお世話。

午後一時より、父母と小生の住む建物の関係の会合があり、出席。エレベーターが老朽化したとのことで、全面付け替えをしなければならず、そのための住民と業者との打ち合わせ。約二週間以上、エレべーターが動かなくなるという。その間の色々なことについて討議。病身であり高齢である両親を抱える者として、まことに困ったことになった。

この後、病院に赴き、父に付き添う。まだまだとても退院というような状態ではない。

夕刻、法律家の方と懇談。父と病院との関係について相談。

帰宅後は、諸雑務。

           ○

本日は、本来なら、朝には皇居参賀。そしてその後、靖国会館で行われる「天長節を祝ふ會」に出席しなければならなかったのであるが、上記の次第で、誠に残念であり申し訳なき次第ながら、欠礼せざるを得なかった。

|

« 小沢一郎は国賊であり逆徒である | トップページ | 小沢悪逆政権の暴虐から、皇室を護り奉ろう »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/47099152

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗一月二十三日:

« 小沢一郎は国賊であり逆徒である | トップページ | 小沢悪逆政権の暴虐から、皇室を護り奉ろう »