« 千駄木庵日乗十月五日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月七日 »

2009年10月 7日 (水)

千駄木庵日乗十月六日

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。父が精神的に落ち着かないので、しばらく付き添う。

午後四時より、西荻窪にて、出版関係の方と今後の言論活動について討議。

帰宅後は、「政治文化情報」の原稿執筆など。

          ○

今日の日本は大きな転換点に立っている。激動の時代であり混迷の時代であることは確かである。かかる時においてこそ、目先の事象を見て右往左往することを慎み、物事を長い目で見る必要がある。わが國は悠遠の歴史を有している。三千年に及ぶ歴史を貫いて来たわが日本の傳統精神、民族の精神的核に立ち返って、現状を正しく観察し、変革の方途を見出すべきである。

我が國は過去において何回か國家的危機に際會し、見事に乗り越えて来た。外圧によって國家の独立が危殆に瀕した時、強烈な民族精神・尊皇精神が勃興し、変革を断行し、危機を打開して来た。

大化改新は唐新羅連合軍侵攻の危機があった時に行われた。元寇=蒙古襲来の時、日本國民は愛國心を燃え立たせ神國意識を強固なものとした。それは建武中興へとつながった。明治維新は欧米列強による侵略の危機があった時に行われた。

今日においてもわが國の本来の姿に回帰することによって、危機を乗り越えていかねばならない。必ず乗り越えることができると確信する。

民族の歴史と傳統の精神を基本原理とする日本の革新即ち維新は、それを志す者が、自らの精神と行動に、憧憬すべき時代の先人たちと同じ決意と歓喜と行動の源泉を甦らしめることによって實現する。

わが日本國民が護るべき最高のものは傳統精神であり、変えるべきものは国家民族の真姿を隠蔽する全ての事象である。

民主党政権が、日本民族が守るべきで傳統を破壊する動きを見せた場合、「小鳩」の罪は大きい。

|

« 千駄木庵日乗十月五日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月七日 »