« 千駄木庵日乗九月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月三日 »

2009年9月 3日 (木)

千駄木庵日乗九月二日

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。午後は資料の整理など。

午後六時半より、駒込地域文化創造館にて、「萬葉古代史研究會」開催。小生が「萬葉集」巻十九に収められた

「春の苑紅にほふ桃の花下照る道に出で立つ美人(をとめ)

など大伴家持の歌を講義。家持の唯美的にして優雅な歌は、日本の美感覚である「みやび」を体現している。

帰宅後も資料の整理。

           ○

連立協議が行われたが、参院で民主党が過半数を制していないことをいいことに、たった七議席しかない社民党が無理難題を持ち出している。

福島党首は民主との連立の条件として、憲法審査会での議論について四年間の凍結をすることを要求してきた。国民投票法と国会法を無視し、憲法に関する議論そのものを阻止しようというまことに悪辣な要求である。

社民党は、極左勢力ともつながりを持ち、北朝鮮とも友党関係にあった反日政党である。民主党が、社民党のこの要求を呑むとなると、愈々以て亡国政権ということになる。

民主党は、社民党と連立を組むのを止めていっそのこと自民党と連立したらどうか。鳩山代表は、自民党初代総裁の孫であるし、小沢一郎は政官財癒着の自民党土建屋政治の正統なる継承者なのだから。

また、民主党の岡田幹事長は、日米関係よりも「日中関係」を重視する発言をしたという。「対米自立」は大切であるが、それは「共産支那との同盟関係」と同義語ではない。アジア最大の軍国主義国家・侵略国家共産支那をアメリカより重視するというのは全く間違っている。日本の安全と独立そしてアジアの平和を破壊する事となる。

|

« 千駄木庵日乗九月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月三日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/46106390

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗九月二日:

« 千駄木庵日乗九月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月三日 »