« 千駄木庵日乗九月十日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十二日 »

2009年9月12日 (土)

千駄木庵日乗九月十一日

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。

昼は知人と懇談。民主党政権について語り合った。

午後は原稿執筆。

午後六時より、「九段下沙龍」開催。民主党政権に対する「要望書」について討議。意見を集約して、数項目の質問及び要望を行うことになった。

帰宅後も原稿執筆。

           ○

本日送られて来たメールを紹介する。

「本日11日、堺市議会で『天皇陛下御即位二十年を祝す賀詞』が決議される!

 本日、堺市議会で賀詞の決議が行われた。議員51名中、自民党11名、公明党13名、民主党9名、社民党1名、無所属7名、共産党8名が賛成、革新系の無所属議員2名のみ反対となり、圧倒的多数で可決となった。

注目すべきは、共産党も全員が賛成していることだ。従って、どこの議会でも全会一致の原則によることが多いとは思うが、こと御即位二十年のお祝いについては反対するところは稀ではないかと思う。

 

以下、賀詞の文言である。

『天皇陛下御即位二十年を祝す賀詞』の決議

 天皇陛下におかせられましては、めでたく御即位二十年をお迎えになられましたことは、市民のひとしく慶賀にたえないところであります。

ここに堺市議会は、市民を代表して謹んで慶祝の誠を表します。

 以上、決議する。

平成21年9月11

堺市議会  」                   

まことに結構なことである。そこで、国会で進められている「天皇陛下御在位二十年を記念する日を休日とする法律」(略して『臨時祝日法』)制定についても、民主党はもちろん、社民・共産党に至るまですべての政党が賛成するべきである。とりわけ政権与党たる民主党は積極的にこの法案成立に努力すべきである。

さらに、鹿児島県内で開かれた民主党の集会での「国旗・日の丸」切り刻み事件を党首たる鳩山由紀夫氏が公式に謝罪すべきである。謝罪のみならず、二度とかかる不祥事を起こさないためにも、『国歌・国旗尊厳護持法』『皇室の尊厳護持法』制定を推進すべきである。

さらに言えば、鳩山民主党は、対米対等外交、対米自立を主張するのならば、わが国の核武装を積極的に推進すべきである。核武装なくして、国防安保面での対米自立、日米対等はあり得ない。

|

« 千駄木庵日乗九月十日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十二日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/46186177

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗九月十一日:

« 千駄木庵日乗九月十日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十二日 »