« 千駄木庵日乗七月三十日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月一日 »

2009年8月 1日 (土)

千駄木庵日乗七月三十一日

午前は、母のお世話。

午後は、月末でゆえにしなければならない雑務を処理した後、父が入院している病院に赴く。色々と話す。父は家にいる母のことを心配している。早く家に帰って来て貰いたいと思うが、暑い日が続いているので、慎重にしなければならない。今年の新年早々、退院した次の日に救急車で病院に戻るという体験をした。

夕刻、友人と懇談。「土用の丑の日」なので鰻を食す。なぜこの日に鰻を食さねばならないのかよく分からないが、面白い風習である。また、久し振りに「くさや」を食した。「くさや」は私の好物である。私は以前、伊豆七島の海には「くさや」という魚が泳いでいるのだと思っていた。友人が行きつけの上野の駅の近くのお店で、なかなか安くてうまい。「くさや」と鰻という取り合わせもなかなかおつなものであった。

帰宅後は、資料の整理。

       ○

最近「マニフェスト」という言葉が大流行りである。「公約」とか「政策」という言葉が前からあったのに、なぜかこの言葉が使われ出した。横文字にしたらかっこいいとでも思っているのだろうか。馬鹿馬鹿しい話である。何でもケチをつけると思われても嫌だが、私には納得が出来ない。失業者をフリーター、高利貸しをノンバンク、浮浪者をホームレス、無法者をアウトロウ、二号さんをセカンドワイフ、お巡りさんをポリ公(これは少し違うかもしれない)と言い換えるのと同じである。

また民主党批判かと思われると困るが、「タダにする」「安くする」「消費税は四年間上げない」などという大盤振る舞い・バラ色の「政権公約」を掲げているが、果たして政権を取ったら本当に実行できるのか。鳩山由紀夫氏は、「実現できなければ政治家を辞める」と公言した。その舌の根も乾かぬうちに、「昨日言ったことはマニフェストではない」と言った。何とも頼りない政治家である。「馬っ鹿じゃなかろか」と言いたい。

|

« 千駄木庵日乗七月三十日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月一日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/45797359

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗七月三十一日:

» エルメスの食器が入荷しました・・・どうしましょう! (希少) [Net Market]
セレブブランドとして誰もが憧れる「HERMES」。エルメスのオーラはどこにいても目を引く存在感。エルメスを象徴するデザインだけあって、“特別感”もひとしおです♪ [続きを読む]

受信: 2009年8月 2日 (日) 15時16分

» フリーター問題を考える [フリーター問題は学歴問題]
フリーターのやる気のなさは学歴が過度に重視されすぎている社会の歪みが原因ではないか。 [続きを読む]

受信: 2009年8月 3日 (月) 07時40分

« 千駄木庵日乗七月三十日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月一日 »