« 千駄木庵日乗七月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月十三日 »

2009年7月13日 (月)

千駄木庵日乗七月十二日

未明、「政治文化情報」の原稿完成、印刷所に送付。

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後は諸雑務。

夕刻、投票所へ。

その後、小中学校の後輩と懇談。この人は、民主党所属で、政治を志している。考え方は真正保守。地元で近々荒木和博氏を招いて拉致問題の講演会を開くという。民主党本部職員に左翼が多いのは困った事と嘆いていた。クビにするわけにもいかないという。

夜は、書状執筆。その後、開票速報を見る。

         ○

各選挙区で民主党は自民党の倍の票数を取っているようである。一人区で自民が落ちたのではどうしようもない。特に中央区・千代田区は自民の牙城だった。また荒川区など自民党の票が公明党よりも少ない選挙区もある。まさに自民大敗である。しかし、すべて麻生氏の責任にするのはどうか。石原都政の評価という面もあったのではないか。また公明党が立っていない選挙区の学会票が必ずしも自民党に入っていないと思われる。

民主躍進は、共産党と自民党の票が民主に流れたのであろう。メディアは、与党が過半数割れしたと騒いでいるが、大した問題ではない。民主と共産が一緒にやることはない。結局今まであまり変わらないと思う。

真正保守の古賀俊昭・土屋たかゆき・吉田康一郎の三氏が当選したのは良かった。また、学生時代からの友人である樺山卓司氏が当選したのも良かった。文京区では教育問題に熱心な中屋文孝氏当選したのも良かった。影山正治先生の主治医の先生が落選したのは残念だった。

|

« 千駄木庵日乗七月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月十三日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/45619228

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗七月十二日:

« 千駄木庵日乗七月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月十三日 »