« 千駄木庵日乗七月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月十日 »

2009年7月10日 (金)

千駄木庵日乗七月九日

午前、医師の往診があり、父母に付き添う。その後、訪問看護師と共に父母のお世話。

午後は、ある先輩の事務所訪問。長時間懇談。この方はお名前は公表出来ないが信頼できる良き先輩である。

帰宅後は、原稿執筆。

          ○

今日お会いした先輩と、平沼赳夫氏が、自民党を脱党しなかったならば、今頃は総理総裁になっていたであろうということを話し合った。本当にそう思うし残念である。親しく接したことはないが、今の政治家で、平沼氏が最も信頼できる国家観・歴史観を持っていると思う。また人格・人柄も尊敬できる人物であろうと思う。郵政問題で、姿勢を貫いたため、自民党を出なければならなくなったが、そういうところも一本筋が通っている証拠である。

総選挙で民主党が勝つことが既成事実のように語られているが、そうなった場合、相当日本の政治は混乱すると思う。民主党は、国防・安保・外交・教育・歴史問題という国家基本問題で正しい理念を示していないからである。政権交代を叫ぶだけで、このことには全く触れない。旧社会党系の勢力が根強く残っていることが問題である。

民主が政権を取ったら、メディアは鳩山由紀夫代表の政治資金問題や山岡荘八の娘婿や石井一氏のマルチ商法団体との関係などの問題を追及する可能性がある。メディアというのはそういうものである。持ち上げておいて後でこき下ろすのである。また、たとえ自公が勝ったとしても三分の二は獲れるはずがないから、政治が安定するということはあり得ない。

ともかく、総選挙後、政治が今以上に混乱することは目に見えている。ヘンテコな宗教が危機感を煽っているが、日本は危機にさらされていることは事実である。真正保守・維新勢力がここで日本再生への動きを示すべきである。

|

« 千駄木庵日乗七月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月十日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/45587182

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗七月九日:

« 千駄木庵日乗七月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月十日 »