« 千駄木庵日乗六月二十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月三十日 »

2009年6月30日 (火)

千駄木庵日乗六月二十九日

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後は月末ゆえにしなければならない諸雑務。雑務と書きましたが、支払いなどなかなか大変な仕事です。銀行の自動支払い機の前に立ち、汗をかきながら振り込みをするというのはつらい作業であります。

その後は、急に依頼があった明日か明後日までに書かねばならない原稿の執筆。

         ○

総選挙というのは、国政で最も重要な選挙である。外国の事情はよく分からないが、イタリアやフランスなどでは、いわゆる民族派というか右派政党が国政選挙でそれなりの議席を獲得しているように聞いている。わが国は残念なことに右派政党と言うか民族派政党・維新政党が総選挙で戦うという状況ではない。

なんとか、維新を目指し、戦後体制打倒を目指す政党が国会で議席を持つ状況を作り出さねばならない。しかし今の状況ではなかなか難しい。

そこで国会に議席を持つ政治家の中で、比較的まともな政治家を応援するしかない。自民党の中にも、我々と同じかあるいは非常に近い考え方を持っている人もいる。民主党の中にも少数ではあるが存在する。今度の選挙でも、そういう人々を応援するしかない。

社民・共産が我々の敵であることは言うまでもない。問題なのは、保守政治家と見られる人に、おかしな人がいることである。こういう政治家は権力を持たない社民・共産よりも日本をおかしくしている。

私の判定で、日本をおかしくしている政治家の一覧表を作ってみたいと思っている。これは大変権威のあるものになるのではないかと、今から自らうぬぼれている。

|

« 千駄木庵日乗六月二十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月三十日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/45494887

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗六月二十九日:

« 千駄木庵日乗六月二十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月三十日 »