« 千駄木庵日乗六月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月六日 »

2009年6月 6日 (土)

千駄木庵日乗六月五日

午前は父母のお世話。

午後からは在宅して、資料の整理及び原稿執筆。

夕刻、小中学校の後輩に当たる人たちと懇談。

         ○

最近の動きを見ると、どうも鳩山兄弟は政界再編というか新党結成を目指しているように見える。「血は水よりも濃し」というが、鳩山邦夫氏は、郵政問題を奇禍として麻生から離れ、由紀夫氏と手を結ぶ可能性がある。

鳩山由紀夫・邦夫両氏の祖父・鳩山一郎氏は、自由民主党の初代総裁である。いわゆる「吉田ドクトリン」に反対して、昭和三十年に自民党が結党された時に定められた、「政綱」に、「日本の憲法を自主的に改正する」という結成目的を謳った。鳩山一郎氏は、アメリカから押し付けられた憲法ではなく、日本人が自らの手で憲法をつくる、つまり自主憲法制定を提唱したのである。ただし、吉田茂氏も本心は改憲を目指していた。

鳩山兄弟が真に政界再編を目指すのなら、鳩山一郎氏の「友愛精神」の継承と共に、「自主憲法の制定」の精神も正しく継承すべきである。しかし、この二人は、そうした真正保守の政治姿勢が正しく確立しているのかどうか。今後を注視したい。

|

« 千駄木庵日乗六月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月六日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/45248414

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗六月五日:

« 千駄木庵日乗六月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月六日 »