« 千駄木庵日乗五月七日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月九日 »

2009年5月 9日 (土)

千駄木庵日乗五月八日

午前は、父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後は、在宅して「月刊日本」連載の「萬葉集」講義原稿執筆、完成、送付。

その後、「政治文化情報」に掲載する「大和路旅行記」を執筆。

         ○

橿原神宮・大和三山・山辺の道・葛城古道をめぐりました。その旅行記を書くということは、日本生成の歴史をたどるということであります。なかなか大変なことになりそうです。どのような旅行記になるのか、心もとないかぎりですが、ご案内いただいた奈良新聞論説委員の武智功様から送られてきた貴重な資料などを参考にしつつ、書かせていただく所存です。

私は歴史探訪をするたびに、日本に生まれて来てよかったと実感します。日本ほど自然の美しい國はそれほど多くはないと思います。そして二千年・三千年前の古代の歴史がそのまま今日の日本につながっている国もそれほど多くはないと思います。古代の信仰が今日まで伝承され、息づいています。そして古代信仰の祭り主であられる「すめらみこと日本天皇」が、今日唯今も日本国の君主として君臨されています。これもまた世界に類にないことであります。

|

« 千駄木庵日乗五月七日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月九日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/44947476

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗五月八日:

« 千駄木庵日乗五月七日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月九日 »