« 千駄木庵日乗五月二日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月四日 »

2009年5月 4日 (月)

千駄木庵日乗五月三日

午前は父母のお世話。

午後一時より、四谷区民ホールにて、「新しい憲法をつくる国民大会」開催。登壇者の印象に残った発言は次の通り。

清原淳平新しい憲法をつくる国民会議事務局長「長い間憲法が改正されないと、法律と現実にギャップが生じる。法律は制定時に静止する。しかし現実は非常に迅速に動く。現行憲法には二八カ所に及ぶ法律用語の誤りがある。『戦争放棄』というと、『侵略戦争は正当なる権利だが放棄する』ということになる。『戦争否認』と書くべし。植民地の憲法は、軍事権と外交権を認めない。第九条の解釈は十八通りあると言われている。『諸国民の公正と信義云々』という表現は、アメリカの植民地だった頃のフィリッピン憲法とよく似ている。マッカーサーはフィリッピンの軍政官だった。『國の交戦権は認めない』とあるが、一体誰が認めないのか。連合国側か。」

竹内雄一郎高崎経済大学名誉教授「現行憲法では、国民が自分の国を守ることが義務となっていない。憲法とはその國の精神の基本。政治運営の規範」

秋元司参院議員「占領国の手によって作られた憲法が改正されないことによる不都合が山積。自衛隊は国軍とされていないので、自衛隊員には軍人として本来保障されるべき権利がない。国軍を憲法に明記すべし。第九条が正しく改正されていれば、拉致問題は起きなかった。現行憲法下では、拉致された人々を取り返す手段がない。」

石原宏高衆院議員「憲法は国の精神を反映すべし。アメリカの考え方が弱肉強食になったので金融危機が起こった。力が全てという考え方が危機の原因。オバマは一貫して弱肉強食はアメリカ憲法の精神ではないと訴えて来た。現行日本国憲法は個人主義だけを強調している。十七条憲法の『和』の精神が大事。国民の自立と共生が大切。」

木原誠二衆院議員「イギリスの大蔵省に出向していた時、サッチャー首相から『憲法は歴史の叡智と良心の結晶である』と言われた。自主憲法が必要な理由はそこにある。憲法には日本国の歴史と伝統と文化が示されていなければならない。憲法改正の大事な視点は、国家と国民は対立関係にあるのではなく、国家と国はお互いに内包された関係にあるということ。」

越智隆雄衆院議員「憲法審査会が開かれないのは残念。憲法は国民が制定するもの。占領軍が提案した今の憲法の正統性はあるのか。」

中川雅治参院議員「憲法改正ができなかったのは、教育に原因がある。中曽根内閣以後民憲法論議が活発になった。改正論議の積み重ねが大事。」

小池百合子衆院議員「百年に一度の経済危機と言われるが、私は百年に一度の文明の転換点と思っている。電気自動車が実用化される。二一世紀は新たなエネルギーの世紀である。技術戦争が繰り広げられる。六十二歳の『日本国憲法』は国民の生命・安全・財産を守るべき使命を果たしていない。ソマリア沖で自衛隊は外国の船舶を守ることができない。これはシーマンシップにもとる。民主党は議論を集約できず、社民・共産は国民の生命・財産・国益よりも、憲法を護れという主張。国際平和貢献をやる度に、憲法の行間を補う弥縫策講じている。憲法改正が必要。国の自己決定が出来ない国であり続けるのは、政治によるカントリーリスクを高めている。アメリカは尖閣に中国が上陸してきたら日本を守るのか。アメリカに頼らないで日本を断固として守る意識を強めねばならない。憲法改正の王道を歩むのが我々の任務。憲法論議を避ける民主党に政権交代を言う資格なし。政策より政局第一の小沢氏に日本を任すことはできない。憲法改正の機は熟しすぎている。」

終了後、懇親会に出席しようと思っていたが、父の容態に変化があるとの連絡があり、急遽帰宅し、父を病院に連れて行く。診察・治療、小康を得て帰宅。

帰宅後は、資料の整理。

夜、渡部篤衆院議員より、NHKで今日放送された「天皇と帝国憲法」という報道番組ついて電話があった。渡部氏は、「この番組はわが国の國體を侮辱した。徹底的に糾弾したいと思う。米国の占領基本法である日本国憲法に対して美濃部達吉は反対した。この番組はそのことは全然触れなかった。美濃部も皇室を敬い国体維持をしようとした。『天皇制』という言葉はコミンテルの言葉。明治天皇・昭和天皇に対して敬語を使わなかったことにも怒りを覚える。大日本帝国憲法をつくった当時の世界を考えたときに、この憲法は素晴らしいものがあつたと思う。現在でも識者の間には大日本帝国憲法を復元して改正すべきという理論がある。占領基本法を憲法とありがたく思う必要はないと思う。」と語っていた。全く同感である。

             ○

小池百合子さんの話を聞いていると、ますます真正保守政治家として磨きがかかって来たように思える。不遜な言い方だが、日本初の女性総理になってもらっても良いと考える。「現行憲法」は形式的には「帝国憲法」を「改正」したものだから、次の改正では、いったん「帝国憲法」に戻って、それを改正するというのが正しいと思う。そうしないと、戦勝国の押し付けという根本的欠陥を引きずったままの「改憲」となってしまう。

|

« 千駄木庵日乗五月二日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月四日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/44889412

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗五月三日:

» 医療事務の給料について [資格.co.jp]
他の仕事のパートさんだと、少なくても1日5時間は勤務しなくてはいけないでしょう。中高年に有利な資格ともいえます [続きを読む]

受信: 2009年5月 4日 (月) 04時09分

« 千駄木庵日乗五月二日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月四日 »