« 千駄木庵日乗五月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月六日 »

2009年5月 6日 (水)

千駄木庵日乗五月五日

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後からは在宅して資料の整理。

ここ数日、我が家のベランダに立つと二本の鯉幟が見える。また小学校には日章旗が翻っている。嬉しいことである。

            ○

戦後日本は「国民主権」「人命尊重」「人権擁護」「平和」を絶対的価値、最高の目標としてきた。それは『現行占領憲法』の基本原理となっている。しかし、戦後六十年を経過して、人権が侵害され、人命が軽視され、国民の平和が侵される残虐無比の事件が日常茶飯事になるというまったく逆の結果を生み出した。「人権擁護」とか「人命尊重」とか「平和」とかがいくら麗々しく憲法の原理として書かれていても、それは空念仏にすぎなかった。むしろそういう原理に基づく戦後教育は、自分さえよければ良いという観念を養い、他人や国のために尽くす、親に孝養を尽くすという人倫の根本を忘却せしめた。そして、己の権利のみを主張する精神が横溢した。こうしたことが今日の日本を作り出した。

今日の日本を混迷に陥れている根本原因である『現行占領憲法』の「国民主権」という國體破壊思想、「恒久平和主義」といふ名の侵略誘発の敗北思想、「基本的人権の尊重」という欲望民主主義・利己思想という三原理に要約される「戦後精神」を徹底的に祓い清めなければならない。日本國の根幹を揺るがせ、日本国民の道義心を低下せしめている『現行憲法』の三原理を肯定したままで一部の条項を変えるだけの「改憲」では駄目である。

どう考えても、谷口雅春先生、南出喜久治氏、石原慎太郎氏、渡部昇一氏の「現行憲法無効論」が正しいと思う。

|

« 千駄木庵日乗五月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月六日 »