« 千駄木庵日乗三月二日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月四日 »

2009年3月 4日 (水)

千駄木庵日乗三月三日

朝、父に付き添って病院に赴く。定期的な診察と治療。

昼は、高校生時代からの長年の同志友人と懇談。

帰宅後は資料の整理など。

         ○

昨日、田中土建屋政治の亜流が跳梁跋扈していると書いたら、今日、小沢一郎氏の公設秘書が逮捕された。このニュースを聞いて、

「つひにゆく 道とはかねて 聞きしかど 昨日今日とは思はざりしを」

という在原業平の歌を思い出した。小沢氏本人が何の釈明もせず、鳩山由紀夫氏が記者団に色々話しているのを見て、小沢という人は無責任だと思った。大きなマスクをしている姿にも嫌悪感を覚えた。

鳩山氏や山岡賢次氏は「陰謀だ」「国策捜査だ」とか言っていた。何とも聞き苦しく見苦しいコメントである。野党第一党党首・次期総理と目される人の公設秘書を、検察が何の証拠もなく、法律違反の事実なくして逮捕するはずがない。また、今この時期に逮捕したのは、時効が迫っていることと、証拠隠滅の恐れがあったからである。否認されても起訴できる動かぬ証拠があるから逮捕したと見るべきである。(ただし起訴されたからと言ってその人が有罪になるとは限らない、ということは書いておかねばならない)小沢民主党は、検察批判をする前に、疑惑解明をするべきだ。馬鹿でかいマスクをすればいいというものではない。

土建屋政治の残りカスが、「改革」だとか「生活第一」などと言って、政権を取ろうとしていること自体許されざることだ。

以前ある民主党所属の国会議員がニセメール事件についてだったと思うが、「民主党はチャンスをピンチに変える」と言っていた。今回もまさしくそうなった。

小沢一郎という人の仮面が剥がれることは良いことである。自民党政権打倒を目指す偏向メディアやそれに踊らされている国民は、小沢一郎が田中角栄の愛弟子であり、秘蔵っ子であったことを忘却してきた。

しかし、これで自民党が万々歳と思ってもらっては困る。自民党議員に波及する恐れはあるし、資金集めの手法ということでは、小沢と同類と思われる人が自民党にもいると思うからである。ともかく、現代日本は根底から廓清しなければならない。

|

« 千駄木庵日乗三月二日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月四日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/44237840

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗三月三日:

« 千駄木庵日乗三月二日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月四日 »