« 千駄木庵日乗三月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月三日 »

2009年3月 3日 (火)

千駄木庵日乗三月二日

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後からは在宅して書状執筆・資料整理など。

         ○

ある衆院議員の方から電話をいただき「昔は、総理大臣などの政界の實力者には、安岡正篤とか四元義隆とか指南番といわれる人がいた。最近そういう人がいなくなったことが政治の混迷の原因の一つではないだろうか」と言われた。たしかにそういうことは言えるかもしれない。

安岡・四元両氏の評価は色々あるだろうが、安岡正篤氏の本は何冊か読んだが教えられるところが多かった。政治家は権力闘争・金集め・選挙などに明け暮れして、人としてのあるべき姿、行うべき道、正しき国家観・歴史観などを忘却したり軽視したりすることが多いのではないだろうか。そういう時、政治家を指導できる人の存在は大切である。

現代政治は混迷している。政治家の質の低下はひどい。私は、他人様の人格や生き方をあれこれ批判する資格はない。しかし、田中角栄という人が総理大臣になってから、日本の政治はおかしくなったと思っている。性急な「日中国交・台湾切り捨て」「金権腐敗政治」が、どれだけその後の日本をおかしくしたか計り知れないものがある。田中角栄に、思想性のある指南役がいたという話は聞いたことがない。田中の「日本列島改造」などという神を畏れぬ発想が日本を悪くした。自分の愛人に政治資金の管理を任せるなどというのは言語道断である。土建屋などの小企業の社長が自分の愛人に会社の経理を任せるのと同じである。こういう政治家はどんなに人間的に面倒見が良いだの魅力があるなどと言われても、やはり総理の器ではなかったのである。田中政治は理念も国家経綸もない薄汚れた政治である。今日は詳しくは論じないが、その後の三木武夫もおかしかった。

私は日本のおかしくしたのは、田中と三木であると思っている。そしてその亜流が今の政界を跳梁跋扈している。

|

« 千駄木庵日乗三月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月三日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/44227799

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗三月二日:

« 千駄木庵日乗三月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月三日 »