« 千駄木庵日乗二月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月六日 »

2009年2月 6日 (金)

千駄木庵日乗に月五日

午前は医師及び看護師来宅。父母の診察と治療。

その後、父の介護認定調査に調査員来宅。父と小生に色々質問して帰った。

午後からは、「世界日報」掲載のインタビュー記事の校正。

夜は、資料の整理など。

         ○

民主党では比較的まともな議員と思っていた前原誠司氏が、麻生総理を詐欺師呼ばわりして、国会が少し紛糾した。衛藤予算委員長が注意をしたら、枝野幸男氏が委員長席に詰め寄って大声を出していた。国会ではこういう揉め事は毎度のことである。

前原・枝野両氏は小沢一郎氏と距離を置き、民主党の中では良識派と思っていたのに、どうしたことか。自民党寄りとか反小沢という印象を薄めるためのパフォーマンスかと推測する。

国会やテレビなどでさんざん罵り合っていた自民党と民主党の議員が、あるパーティーで握手をして仲良く歓談しているのを目撃した。また、田中真紀子が外相をしていた時、やはり予算委員会で、小沢チルドレンと言われ今は岩手県知事をしている外務省出身議員が、田中氏を精神異常者であるかのように口汚く罵っていた。ところが、今や田中真紀子は小沢と組んで自民党攻撃をしている。そして民主党所属議員でもないのに、民主党の代表質問を行った。

国会審議とりわけテレビ中継が行われる国会審議に於ける紛糾や罵り合いはパフォーマンスというか、演技というか、嘘なのではないかと勘繰りたくなる。そういう意味では、国会中継はプロレス中継と似ている。

しかし、やはり、国権の最高機関において、選良と言われる人々が口汚い罵り合いするのは良くない。子供たちへの影響を考えるべきである。所詮政治家というのはこんなものかと思われるだけである。枝野・前原両氏に期待しているだけに残念であった。枝野氏は憲法問題でまともな姿勢に立っている。

|

« 千駄木庵日乗二月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月六日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/43969112

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗に月五日:

« 千駄木庵日乗二月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月六日 »