« 千駄木庵日乗二月二十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月二十七日 »

2009年2月27日 (金)

千駄木庵日乗二月二十六日

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後からは、諸雑務、資料の整理など。

        ○

民主党の小沢一郎代表は、在日米軍再編に関連し、大阪市内で記者団に「日本が、自分たちにかかわることはなるべく自分たちできちんとやるという決意を持てば、米軍が部隊をそんなに日本という前線に置いている必要はなくなる。おおむね(海軍)第7艦隊の存在で十分じゃないか」と述べ、在日米軍の陸空軍や海兵隊などの削減は可能だとの考えを明らかにしたという。

そして小沢氏は「日本に関連する事柄について、もっと日本自身が役割を果たせば、米国の役割は減る」と主張し、「日本が極東における安全保障の役割を担っていくことで話がつく」と述べ、在日米軍削減と引き換えに日米防衛協力など日本の安全保障上の役割を今よりも強化する考えを示したと報道されている。

テレビの報道では小沢氏はたしかに、「日本の防衛のことについては、自分のことなんですから、日本が責任を果たしていけばいいということです」と言っていた。

第七艦隊以外の米軍の軍事力には頼らないようにするために、日本の防衛力を強化せよと言ったと理解する以外にない。つまり、日本が自主防衛体制を確立するべきだという主張であろう。そう理解する以外にない。

自民党は暴論だと批判しているようだが、私が受け取った通りの意味なら、小沢氏の言ったことは正論である。この小沢氏の主張を民主党政権の安全保障政策・防衛政策にしたら、社民党はとても連立を組めないだろう。それどころか民主党内の左派も反対するだろう。自民党にさえ危険だと批判する人がいる。せっかく民主党を中心として反自民政権ができる矢先にこういう発言をするというのは、またまた小沢氏の壊し屋の本領発揮というところであろうか。

昨日の前原氏の国会質問も、防衛・安保に関しては良いことを言っていたようだ。小沢・前原氏などの主張で民主党を統一できるかどうかが問題である。私は無理だと思う。また、社民は連立に加わらないだろう。そうすると政界再編ということになる。

|

« 千駄木庵日乗二月二十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月二十七日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/44187871

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗二月二十六日:

« 千駄木庵日乗二月二十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月二十七日 »