« 千駄木庵日乗十二月十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十七日 »

2008年12月17日 (水)

千駄木庵日乗十二月十六日

午前は、父の診察・治療のために医師が来宅。その後、父のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後からは、在宅して、溜まりに溜まった資料の整理。

       ○

愈々今年もあと半月、まだまだ気分的にも忙しい日々が続きそうである。これからの大仕事は、やはり年賀状の作成である。二十五日頃までは出さなければならないということなので、そうのんびりはしていられない。「萬葉集」の講義が二回あるのでその準備もある。提出期限の決められた原稿もある。もう一つの大仕事「政治文化情報」の発送もある。そして、何回か忘年会などの会合もある。お陰様で健康なので、体がまいってしまうということはないので有り難いと思っている。午前中は、毎日、原則的に父母と共に過ごしお世話をしている。

政界再編だの、自民党反麻生勢力の動きの活発化だの、自公選挙協力の見直しだのと騒がれている。鶴田浩二の歌の一節「馬鹿と阿呆の絡み合い」という言葉を思い出す。理念・政策に基づく政党再編が望まれるのだが、今の政治家と称する人々に、一体まともな理念と政策を持っている人が何人いるのかが問題である。二大政党と言っても、お互いに足の引っ張り合いをしているとしか思えない。これは私の認識不足であろうか。

|

« 千駄木庵日乗十二月十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十七日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/43442462

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十二月十六日:

« 千駄木庵日乗十二月十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十七日 »