« 千駄木庵日乗十一月二十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月二十八日 »

2008年11月28日 (金)

千駄木庵日乗十一月二十七日

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後からは在宅して、資料の整理、書状執筆など。

           ○

小学校時代の初恋の人が脳腫瘍で逝去した。卒業以来、一回しか会っていなかった。しかし、兄上とは、近年になって時々、近所の飲食店でお会いしていた。企業主にしてPTA会長のお嬢さんであった。私にとっては文字通り高嶺の花の人であった。昨日の夢に、その初恋の人が登場した。私と兄上とその人の三人が話し合っている夢である。場所は飛行機の中なのである。窓から雲海が広がっているのが見えた。何とも不思議な夢であった。きっと天上の世界に行かれる彼女をお見送りしたのであろうと思っている。夢の中のその人の顔を今は全く思い出せない。きっと昔のままだったのであろう。何しろ最近の顔は知らないのだから…。まだ六十二歳でこの世を去られたわけで本当にお気の毒である。しかし思い出は消えることはない。ご冥福をお祈りするのみである。

私はどうも、分不相応というか、高望みの恋をするので困っている。

|

« 千駄木庵日乗十一月二十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月二十八日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/43250039

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十一月二十七日:

« 千駄木庵日乗十一月二十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月二十八日 »