« 千駄木庵日乗十月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月二十一日 »

2008年10月21日 (火)

千駄木庵日乗十月二十日

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。

お昼は、知人と懇談。

午後からは在宅して、原稿執筆、資料の整理など。

夜、論語の勉強会があったのですが都合により欠席。

帰宅後は原稿執筆など。

           ○

台湾問題について書いている。本来なら、台湾は大東亜戦争終結時において独立を獲得すべきだったのである。しかしそうはならなかったところに最大の悲劇がある。一九四三年十二月一日、ルーズヴェルト米大統領、チャーチル英首相、蒋介石中華民国総統による『カイロ宣言』に、「満洲、台湾及び澎湖島のような日本が清国人から盗取した全ての地域を中華民国に返還する」と書かれたことにより、戦争終結後、蒋介石軍が台湾に入って来て、台湾を「中国領」にしてしまった。しかし、この『カイロ宣言』は戦勝国同士がその分け前を談合した勝手な取り決めに過ぎず、国際法上何の効力もないのである。第一、台湾は日本が清国から盗取したものではない。日清戦争の結果、条約に基づいて割譲を受けたのである。つまり、国際法上も、台湾は中華民国や中華人民共和国の領土ではないのである。

しかも、台湾に進駐して来た国民党軍は劣悪であった。中国人権力者特有の強権政治・賄賂政治が行われ、汚職が横行した。一九四七年二月二十八日に起こった密輸タバコ取締りに端を発した反国民党暴動・「二・二八事件」は、台湾人の「反中国感情」「反国民党感情」の爆発であり台湾人ナショナリズムの興起であった。国民党軍による殺戮の犠牲者は、国民党政権側の発表によっても、その数・二万八千人となっている。実際には、四万とも五万とも言われている。

「二・二八事件」とは、「大和魂」を持つかつての日本同胞台湾人と、日本の敵であった中国人との戦いであったのだ。台湾独立意識・台湾ナショナリズムの原点は、中国軍による台湾人虐殺事件たる二・二八事件である。

|

« 千駄木庵日乗十月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月二十一日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/42856298

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月二十日:

» 南朝皇居 吉水神社発 錦の御旗けんむの会 第一回「新憲法無効論公開講座」鹿児島大会 の御案内 [【新無効論】講和条約説 「日本国憲法」は憲法として無効です!]
南朝皇居 吉水神社発 錦の御旗けんむの会 第一回「 新憲法無効論 公開講座」 鹿児島大会  の御案内 チラシPDF版(A4印刷用)はコチラ 占領憲法の正体 日時 11月29日(土曜日) 開場13:00 開会14:00~16:30 場所  KKR鹿児島 敬天閣 http://www.kkrkagoshima.com/access.html 住所 〒892-0853 鹿児島県鹿児島市城山町5-24 電話番号 099-225-2505 ◎ 基調講演  『 占領憲法の正体』  南出喜久治先生 ◎ シンポジウ... [続きを読む]

受信: 2008年10月21日 (火) 15時00分

» 【動画UP!】10.19THE OUTSIDER 第参戦!試合動画をお届け!! [【動画UP!】10.19THE OUTSIDER 第参戦!試合動画をお届け!!]
【動画】10.19THE OUTSIDER第参戦の動画をUP!明日の試合をしっかりと撮影してくるので家に着き次第即UP!不良達のリアルバウトを目に焼き付けてください!※リングスに消されると思うので消されるまでの限定公開にします! [続きを読む]

受信: 2008年10月22日 (水) 14時05分

« 千駄木庵日乗十月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月二十一日 »