« 千駄木庵日乗八月三十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二日 »

2008年9月 2日 (火)

千駄木庵日乗九月一日

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後からは在宅して、次号の「政治文化情報」の原稿執筆のための資料検索など。明治維新特に岩倉具視について書きたいと思っています。西郷隆盛・大久保利通と比較して岩倉具視についてはあまり論じられていないのですが、岩倉は大変重要な役割を果たした人です。ところが一番評判が悪い人でもあります。

                ○

福田総理が辞任を表明しました。要するに、小沢民主党および公明党との確執や戦いに疲れ、展望も開けなくなったということでありましょう。これ以上総理をやっていても、野垂れ死にするだけだから、それなら今辞めた方がいいと思ったのでしょう。

次の総理に麻生氏がなろうと誰がなろうと、参議院が野党が多数を占めている状況が続く限り、政権運営が困難を極める状況に変化はありません。また、創価学会公明党との連立が続く限り、彼らのゴリ押しを無視することはできません。

野党は一斉に「無責任だ」と批判していましだか、福田氏に「辞めろ、辞めろ」と言っていたのは野党の方です。本当に辞めたら今度は「無責任だ」と責め立てるのはそれこそ無責任であります。

それにしても、総理大臣たる者は、もっと腹をすえて政治家としての使命を果たす人でなければならないと思います。この先大変だから辞めるというのでは困ります。

政治家やマスコミは官僚をしきりに非難攻撃しますが、政治家の質がいくら低下しても、日常の行政が動いているのは、やはりそれなりの資格試験に合格し経験もある官僚がおり、官僚機構があるからであります。あまり官僚を目の敵にするのはどうかと思います。特に、今の政治家に官僚をさげすむ資格があるのでしょうか。

何時も同じことを繰り返すようですが、政治の混乱を収めるには、政策・理念に基づいた政界再編が絶対に必要であります。

|

« 千駄木庵日乗八月三十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/42355589

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗九月一日:

« 千駄木庵日乗八月三十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二日 »