« 千駄木庵日乗九月二日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月四日 »

2008年9月 4日 (木)

千駄木庵日乗九月三日

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後は原稿執筆の準備。

午後七時より、文京シビックセンターホールにて、『「1000万人移民」にNO!国民集会』開催。登壇者の印象に残った発言は次の通り。

加瀬英明氏「ロシア軍は自国民保護を名目にしてグルジアに侵攻した。ロシアが常任理事国である国連は動けなかった。日本が移民を認めると、中国が自国民保護を名目にして日本を侵略する危険がある。日本の第二のグルジアにしてはならない。中国からの移民が中国の日本侵略を誘発する。日本は道義国家として立て直し、少子高齢化を是正すべし。」

土屋たかゆき氏「日本は単一民族で一生懸命やってきた。共助の精神や親孝行の精神がある。国民の一割を外国人にすると異文化が入って来る。日本が日本でなくなる。政権交代が大切なのではなく、日本をどういう国にするのかが大切。日本の国柄・國體の護持が根本。」

村田春樹氏「他民族との共生は世界の何処の国も成功していない。ゲルマン民族の移動はローマ帝国を滅ぼした。移民によって建国されたパレスチナは今どういう状況になっているか。結婚しない人が増えていることが人口減少の原因。男女共同参画・ジェンダーフリーに反するということで政府は国民に『結婚せよ』とは言えない。財界が人件費削減のために移民導入を言っている。それに乗っているのが売国政治家。」

笹井宏次朗氏「移民社会は地震が起きたら略奪の嵐。移民の歴史は苦難の歴史。」

平田文昭氏「外国人労働者の受け入れと移民の受け入れとは根本的に異なる。移民とは移民して来る人の総体を受け入れることになる。日本国土が外国人によって占領される。移民国家は日本の解体。日本の解体を『国際化』と言う。移民国家は『人における国際化』である。国際人であることを拒否し、日本国民たることを貫徹することが平成の日本の戦い。」

吉田康一郎氏「一千万移民を阻止しなければ日本の国柄を守ることはできない。幕末の屈辱的開国と同じ過ちをしてはならない。」

三輪和雄氏「これはチャイナ問題。長野におけるチャイナ人の暴力を見れば移民がいかに危険かが分かる。チャイナによって日本は占領される。」

この後、決議文が採択され終了した。

帰宅後は、諸雑務。

           ○

今日の集会は大変盛会でした。登壇者の発言の詳細は、「政治文化情報」でお伝えします。

福田総理は今日行われた「自衛隊高級幹部会同」への出席をとりやめた。いまだ現職の総理であるのに、自衛隊最高指揮官としての任務を放棄したのだ。国防は総理としての最大の任務である。これを放棄したことは最大の犯罪行為である。自衛隊が国軍であるならば、福田氏は軍法会議にかけられる。自衛隊が国軍ではないとしても、総理大臣としての職務を放棄したであり、法律上の断罪が行われるべきである。

福田氏はまた、長野の聖火リレーにおいて、『シナ人が日本国民への暴行などの違法行為を行っても検挙するな』と警察に指示したという。これも重大な犯罪行為である。

以上二つのことは、福田が総理を辞めても、厳しく糾弾されなければならない。ともかくこんな男が総理を辞めたことは国家的慶事である。

|

« 千駄木庵日乗九月二日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月四日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/42373594

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗九月三日:

» 「1000万人移民」にNO! 国民集会(吉田康一郎議員) [チベット・中国問題研究所]
http://tibet.blog.shinobi.jp/Entry/48/ の続き 中野区選出 東京都議会・吉田康一郎議員 中野区選出東京都議会・吉田康一郎議員 みなさん、こんばんは。 東京都議会議員の吉田康一郎でございます。 私は今、コロコロと首相が変わって困ってしまう政党の反対側におりますけれども、同じく皆様... [続きを読む]

受信: 2008年9月 7日 (日) 11時06分

« 千駄木庵日乗九月二日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月四日 »