« 千駄木庵日乗九月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月六日 »

2008年9月 6日 (土)

千駄木庵日乗九月五日

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後からは在宅して、原稿執筆のための準備。明治維新とくに、孝明天皇の御事績そして岩倉具視のことについて調べています。

              ○

ある同志の法律家から電話をいただき、私の父母のことを心配していただきました。まことに有難い限りであります。

また別の同志の方から電話があり、ある保守系とされる評論家の「皇室論議」について憂慮の思いを開陳されました。私はその人の論文を詳しくは読んでいないのですが、以前「正田王朝」とか「小和田王朝」などという表現をしていたので、この人は駄目だと思ったことがあります。皇室の対しての「慎みの心」を欠如した皇室論の横行はまことに困ったことであります。

また、台湾問題に熱心に取り組んでおられる方からメールをいただき、「支那人に支配された台湾は仮想敵国だと思います。」「米国の同盟国である日本に『戦争をじさずー不惜一戦』などと行政院長や国防部長が言っている国に対して、米国が武器供与などとんでもない話です。米国は日本の同盟国です。日本から米国に対して、『空中発射型ハープーンの供与など絶対に反対だ』と申し入れるべきだと思います。F-16 C/Dの台湾への供与は現状では絶対に反対だと申し入れるべきだと考えます。」との意見表明がありました。同感です。

今までアジアの最も友好関係にあった台湾が、支那や朝鮮と同じように危険な存在となってしまうことは何としても防がねばなりません。それとともに、台湾がどのような事態になっても、わが国の独立と安全を守る体制を確立しなければなりません。その意味でも、国防を軽視する福田が総理を辞めたことは良いことでした。また、歴史問題で祖国を貶める石破を総理にしてはならないと思います。

|

« 千駄木庵日乗九月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月六日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/42391948

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗九月五日:

« 千駄木庵日乗九月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月六日 »