« 千駄木庵日乗九月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十三日 »

2008年9月13日 (土)

千駄木庵日乗九月十二日

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。

昼は知人と懇談。

午後は原稿執筆。

午後五時より、本郷の展転社にて、「時局戦略懇話会」緊急幹事会開催。緊急の課題について討議。

帰宅後は原稿執筆。完成。

              ○

米大統領選の共和党候補ジョン・マケイン上院議員と、民主党候補バラク・オバマ上院議員が11日午後(日本時間12日未明)、2001年の米同時テロで攻撃されたニューヨーク市の世界貿易センタービル跡地「グラウンドゼロ」を共に訪れ、献花を行い、遺族などを激励した。

米大統領候補が、テロの犠牲者を追悼することに文句を言う気持ちはない。ただし、このニュース映像を見て思ったのは、アメリカという国は、敵対する国に対して、猛烈なる爆撃を行い、何万、何十万という女性・老人・子供を含む無辜の民を殺してきたということである。このことへの反省を行ったという話は全く聞いていない。わが国に対しては、広島・長崎に残虐なる原爆を落とし、また、各都市にも無差別の絨毯爆撃を行い、数十万の無辜の民を殺戮した。アメリカはそのことへの謝罪も反省も行っていない。

私は反米を煽るわけではない。しかし、これは歴然として事実である。そのことを思うと、二人の米大統領候補者が献花をする姿を見て、何か空々しい感じがした。アメリカは「正義と人道の国だ」ということは言えないと思う。米同時テロを敢行したテロリストも、正義のためと信じていたであろう。日本に原爆を落とし無辜の民を大量殺戮した米軍人も正義のためと思ってやったのであろう。自分の行っていることが正しいと信じて行う犯罪ほど凄まじいものはない言われる。東京大空襲を行った米兵がテレビで「日本人は人間ではないと思って爆撃した」と語っていたのを思い出す。

|

« 千駄木庵日乗九月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十三日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/42458561

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗九月十二日:

« 千駄木庵日乗九月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十三日 »