« 千駄木庵日乗九月十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十九日 »

2008年9月19日 (金)

千駄木庵日乗九月十八日

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後一時半より、豊島区立千早地域文化創造館にて、「萬葉會」開催。小生が東歌を講義。

帰途、メガネ屋さんによってメガネを新調。そのあと、知人と懇談。

帰宅後は「政治文化情報」発送の準備。

              ○

何時も政治的なことで憤怒の思いを抱きそれを文章にしているだけに、萬葉集の歌を勉強したり講義している時が一番心が落ち着きます。

今日は萬葉集東歌を講義したのですが、東国庶民の天真爛漫な歌を鑑賞しますと、古代日本人の方が現代人よりよほど明るく、おおらかで清らかな生活をしていたと思います。

時代や歴史そして人間生活というものは進歩発展してきたと言われますが、とてもそんなことはないと思います。親殺し子殺しが毎日のように起こる現代日本の殺伐とした世情を見ますと、本当にそう思います。科学技術が進歩発展しない方がよかったなどというつもりはありませんが。科学技術の進歩発展が人間に幸しかもたらさなかったということは絶対にないと思います。

何とか良き日本、麗しい日本を回復しなければなりません。それは、政治的変革によってだけでは不可能と思います。やはり、日本人一人一人が精神的変革が必要であろうと思います。日本には、記紀萬葉という素晴らしい古典があるのです。これに学び、古代日本人の大らかにして明るい精神即ち日本の原点に回帰すべきであります。まさにそれこそが復古即革新なのであります。

|

« 千駄木庵日乗九月十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十九日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/42521242

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗九月十八日:

« 千駄木庵日乗九月十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十九日 »