« 千駄木庵日乗八月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月三日 »

2008年8月 3日 (日)

千駄木庵日乗八月二日

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後からは在宅して、資料の整理、原稿執筆。

           ○

福田内閣が改造されました。別にどうということはないというのが率直な感想です。それより、民主党が池田創価学会批判をこれからも続けるのかどうかが、私の関心事であります。石井一氏は熱心のようです。小沢の意向なのでしょう。菅直人はどうか。

最近「聖教新聞」に民主党批判が載らなくなりました。学会の言う「人物本位」というのは。創価学会に協力する人を応援するということです。民主党の中にも学会票が欲しい人はたくさんいますから、学会が秋波を送れば、学会批判も尻すぼみになるでしょう。

小沢一郎は、政権奪取のためなら何でもありという人です。池田大作も、政権与党の地位を保つためならなんでもありという人です。また手を結ぶ可能性が高いと思います。しかし、そんなことを繰り返していたら、マインドコントロール下にある学会員はともかく、国民世論が許さないでしょう。

池田大作、小沢一郎、この二人は、私はあまり好きではありません。何か日本人離れした体質の人だと思います。憎悪の激しさ、執念深さ、自己中心主義は並外れています。この二人が日本の政治に大きな影響力を持っていることは実に不幸なことだと思っています。自民・民主の良識派よ、立ち上がれと言いたいのであります。

|

« 千駄木庵日乗八月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月三日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/42044653

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗八月二日:

« 千駄木庵日乗八月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月三日 »