« 千駄木庵日乗八月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月十八日 »

2008年8月18日 (月)

千駄木庵日乗八月十七日

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後は資料の整理など。

午後六時より、江東区東陽町の平成ヴィジョン屋上にて、『山口申大兄古稀の祝い』開催。多くの同志が参集し、山口氏の古稀を祝う。

山口氏は、民族革新会議議長として、指導的立場で運動に挺身されている方である。小生も、三十年以上にわたって色々とご指導を頂き、お世話に相成った。山口氏は深川育ちで、江戸っ子の気風をお持ちの方で、多くの人が敬愛され慕われている。

今日は深川八幡宮の三年に一度の例大祭の連合渡御が行われ、神輿担ぎに参加した同志もいた。また、多くの同志と共に大雨り降る中、テントの下で飲む酒、いただく食べものは格別に美味い。小生は、恒例通り、『ああモンテンルパの夜は更けて』を熱唱。拍手喝采を受ける。

山口申氏の今後一層のご活躍を祈る。

                〇

今日の『サンデープロジェクト』で、古賀誠衆院議員が、靖国神社にお祀りされている昭和殉難者の御霊を分祀すべしと主張した。政治家が、神社の御祭神について干渉することは、現行占領憲法の『政教分離』の原則に違反する。また、我国には戦争犯罪人は一人もいない、昭和殉難者は、戦争行為の継続であり『裁判』という形を偽装したの復讐戦で殺された方々である。文字通り戦死者であり、戦没者である。靖国神社に祀られて当然である。

終戦記念日の追悼式典で、靖国神社に代る追悼施設建設を主張した河野洋平衆院議長と共に古賀氏も厳しく批判されなければならない。

|

« 千駄木庵日乗八月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月十八日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/42199834

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗八月十七日:

« 千駄木庵日乗八月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月十八日 »