« 千駄木庵日乗一月二十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十七日 »

2008年8月27日 (水)

千駄木庵日乗八月二十六日

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後は、「政治文化情報」の発送準備。毎月二十日前後に発送していたのだが、パソコンの故障のため、月末になりそうである。購読者の方々、申しわけございませんが、もうしばらくお待ちください。

               ○

アフガニスタン東部で、日本の民間活動団体職員の伊藤和也さんが武装グループに誘拐された。まことに気の毒である。伊藤さんは長きにわたってアフガニスタンの農業支援を行っていた人である。乾き切ったアフガニスタンの国土に緑を増やし、農業を振興させようと努力してきた人である。何とが無事に解放されることを祈る。

中東で紛争が繰り返されるのは、その自然環境が大きな原因であると考える。高温で緑と水の少ない砂漠地帯に生活する人々は、やはり心が荒むのではないだろうか。そういうところに緑を増やし、清らかな水を生み出すことはまことに大切である。そのために活動している日本人の人々は本当に尊いと思う。

アラブから日本に来た人々は、日本の自然に感動するという。日本中がオアシスなのである。緑と清らかな水を世界に増やしていくことが大切である。そして天地自然の恵みに感謝し、人の命を大切にする信仰を根付かせる使命を、日本人は持っていると思う。

|

« 千駄木庵日乗一月二十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十七日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/42286669

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗八月二十六日:

« 千駄木庵日乗一月二十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十七日 »