« 千駄木庵日乗一月二十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月二十五日 »

2008年6月25日 (水)

千駄木庵日乗六月二十四日

午前は父に付き添って病院へ赴く。定期的な診察と治療。

お昼は、知人と懇談。

午後は、明日の萬葉集講義の準備。

夕刻、知人と懇談。

夜は、萬葉集講義の準備と明日の会合でのスピーチの準備。

           ○

拉致こそ最も凶悪なテロである。しかるに米政府は北朝鮮が六カ国協議の議長国・中国に核計画の申告書を提出する予定であることを受け、議会に対して、北朝鮮へのテロ支援国家指定解除と、対敵国通商法の適用除外を通告するという。

 拉致問題が置き去りにされてしまいかねない危険が、現実のものとなりつつある。北の核申告の前に、わが国政府は米政府に対し「拉致問題の進展がない限り、指定解除に反対である」と強硬に申し入れるべきである。

日本国民の人権を無視した米政府に対して強く抗議しなければならない。また、わが国内の媚中派ならぬ媚朝派を糾弾すべきである。

「日米は同盟関係にある」「日米安保があるからアメリカは日本を助けてくれる」などということは全くの幻想であるという意識を持たねばならない。対米自立の国防体制を確立すべきである。そのためには、わが国は核武装する以外にない。

日本の核武装こそが、共産支那のアジアにおける侵略策謀を防止し、北朝鮮の悪逆非道な行いを防止させるのである。

|

« 千駄木庵日乗一月二十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月二十五日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/41640734

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗六月二十四日:

« 千駄木庵日乗一月二十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月二十五日 »