« 千駄木庵日乗五月二十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十三日 »

2008年5月23日 (金)

千駄木庵日乗一月二十二日

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後一時半より、荻窪の教育創造研究所にて、「しきしまの会」開催。提出された短歌を合評。終了後、出席者と懇談。五月晴れの佳き日、やまと歌を学び、日の本の國に生まれ得た幸を実感した。

帰宅後は、書状執筆、資料整理など。

         ○

 民族の歴史と伝統の精神を変革の原理とする日本の維新は、維新を志す者が、自らの精神と行動に、憧憬すべき時代の先人たちと同じ決意と歓喜と行動の源泉を甦らしめることによって実現する。これを復古即革新即ち維新というのである。

 そのために日本民族の持つ清潔な精神的血統と道統を継承する文藝である和歌を學び、和歌を詠むことが大切になるのである。なぜなら、いにしえから伝えられた「五・七・五・七・七」という形式を保持しつつ、その形式によって新しき精神を表白するところの和歌が、「復古即革新」の文藝だからである。 

 今日の日本は、文字通り内憂外患交々来るといった状況である。こうした状況の中にあって、我々の維新の情念を伝統的な文學によって訴える「言靈のさきはへ」が今こそ必要なのである。和歌の復興が必要なのである。

現代日本において和歌を詠む人は多いが、維新の志、変革の情念、日本人の深層精神において継承して来ている民族の共同精神を表白し訴えるものとしての和歌を詠んでいる人は少ない。真の意味において和歌が復興した時代こそが維新の時代であるといっても過言ではない。維新を目指す我々は、和歌の力というものの偉大さを今こそ実感すべきである。

|

« 千駄木庵日乗五月二十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十三日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/41290805

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗一月二十二日:

« 千駄木庵日乗五月二十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十三日 »