« 千駄木庵日乗四月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月六日 »

2008年4月 6日 (日)

千駄木庵日乗四月五日

午前は、父の容態に変化があり、父に付き添って病院に行く。医師の治療を受け、小康を取り戻し帰宅。

午後からは「月刊日本」用の萬葉集解釈の原稿執筆・完成・送付。その後は深夜まで、次号の「政治文化情報」の原稿執筆のための資料整理・検索など。

           ○

昨日書いた国際基督教大学の設立の事情は、實は大変重要な問題をはらんでいる。国際基督教大学の教授には、「政教分離」をかたくなに主張して、総理大臣などの靖国神社・護国神社参拝や玉串料奉奠などについて批判したり、訴訟を起こす人がいる。また皇室問題について、祭祀を否定する論議をしている人もいる。

ところが、国際基督教大学は、敗戦後、戦勝国アメリカがわが日本をキリスト教化とする意図に基づいてつくられた学校なのである。

日本のキリスト教化を考えていたマッカーサーは、国際キリスト教大学の設立を推進した。昭和二十三年に「日本キリスト教大学財団」が設立され、募金が開始されたとき、マッカーサーは名誉議長を引き受けた。日本側の責任者として日銀総裁の一万田尚登が就任した。一万田尚登氏は後援会長として全国に募金運動が展開した。つまりこの大学は、当時のわが国における政治権力者によって、キリスト教を日本に布教することを目的として作られたのである。

そして莫大な金を集め、昭和二十五年には、武蔵野の地に広大な土地が校地として購入した。昨日、歌会を行った三鷹市の野川公園は、国際基督教大学のゴルフ場だった所である。何故、大学に広大なゴルフ場が作られたのであろうか。

今日唯今の国際基督教大学の「大学案内」には堂々と「ICUは大学の使命にあるとおり、キリスト教精神に基づく大学です。宗務部、教授会の宗務委員会、学生グループなどによって、さまざまな宗教活動が行われています。」と書かれている。そして学内に教会もある。

「現行占領憲法」には、「第二十条  信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

2  何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。

 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。」

第八十九条  公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。 」

とある。

この「政教分離の規定」に最初から違反してつくられた大学が国際基督教大学なのである。また、文部省がこの大学に補助金を出しているとすれば、明らかに憲法違反である。国際基督教大学に所属する学者が「政教分離」の規定を振りかざして、靖国神社に対して不当な攻撃を加えているのだ。許されることではない。

|

« 千駄木庵日乗四月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月六日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/40782207

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗四月五日:

» 憲法9条という亡国への誘い 1 [政治社会問題研究所]
 現日本国憲法は名目的には大日本帝国憲法を改正したうえで完成したものとされていますが、日本が大東亜戦争に敗北したことにより、GHQが一方的に押し付けた米国製の憲法であるというのが実態です。しかも約9日で作成されたと言われています。 [続きを読む]

受信: 2008年4月 7日 (月) 23時13分

» 真日本主義・政教分離原則 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
「そのまんま東国原知事を出演させる「オーラの泉」の危うさ」について  あるいは、まったく反対に、現在、あるいは近未来の日本は政治や行政や司法の根底となる部分に宗教的、民族文化的な価値観が求められているのかもしれない。  中世のヨーロッパのキリスト教社会では領主や王様の領土、領民に教会の牧師さまが課税したり使役した。教会が王権に介入したわけだ。絶対王政の時代にうつり支配権を回復した王様がつくったのが政教分離原則だった。市民革命によって政権は革命政府に移っても、政教分離原則は、かれらにも便利...... [続きを読む]

受信: 2008年4月15日 (火) 18時39分

« 千駄木庵日乗四月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月六日 »