« 千駄木庵日乗四月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十日 »

2008年4月10日 (木)

千駄木庵日乗四月九日

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後からは在宅して原稿執筆。

         ○

皇室に関わる論議で、女性天皇は祭祀を行い得ないし行ってはならないという説を唱える人がいる。これは根本的に間違っている。皇祖・天照大御神は、女性神であり、神として祭られると共に神を祭られる神である。その意味で天照大御神は女性祭祀主であらせられる。

天照大御神の生みの御子であり地上におけるご代理である現御神日本天皇も神を祭るご存在であると共に、國民から現御神として仰がれるご存在である。持統天皇をはじめご歴代の女性天皇は祭祀を執行されてゐる。祭祀こそが天皇の最大最高のお役目であるからそれは当然である。女性天皇は、祭祀を執行出来ないとか執行してはならないといふ議論は事実に反するし誤りである。

また、皇后陛下に対し奉り、國體否定論者ではなく、國體擁護の立場にある人からも色々な批判を耳にすることがある。中には「正田王朝」などといふ言葉を用いる「學者」もゐる。不届き至極である。

昭和三十四年のご成婚の時、「皇后は民間出身であってはならない」といふ批判が起って以来皇后陛下に対する反感が、、一部の人々に地下のマグマのやうにくすぶり続けて来た。あってはならないことである。

皇后陛下は、皇族・華族の家柄のご出身ではないけれども、宮中祭祀への伺候をはじめ「皇后」としてのご使命を果たされるべくつとめてこられた。

皇后陛下の御歌を拝すれば、皇后陛下が、日本傳統精神そして皇室の傳統を常に重んじられ、回帰されつつ、皇后としての尊き道を歩まれてをられるがか分かる。

|

« 千駄木庵日乗四月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/40832372

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗四月九日:

« 千駄木庵日乗四月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十日 »