« 千駄木庵日乗四月十日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十二日 »

2008年4月12日 (土)

千駄木庵日乗四月十一日

午前は父母のお世話。

訪問看護師の方と共なり。

午後は諸雑務。原稿執筆。

午後六時より、「九段下沙龍」開催。同志諸氏と当面する課題について討論。小生が「伊勢皇大神宮式年御遷宮」について少し話させていただきました。

帰宅後は原稿執筆。完成。

             ○

共産支那の暴虐について怒りの声が国際的に高まってきています。今日の会合でも話題になったのですが、わが國内で人権擁護を叫び、人権擁護法案を推進している連中は寂としして声なしといった状況です。

人権権擁護法を推進している連中は「媚中派」「親中派」です。また「反日勢力」です。国内の人権問題には正義の味方面してがなり立てるくせに、共産支那の人権抑圧・民族自決抑圧に対しては何も言わないのです。

わが国の歴史問題については、やれ侵略したの、大虐殺をしたのとがなり立てるのに、共産支那のチベット侵略・虐殺には何も言わないのです。こういう連中こそ、最も許すべからざる存在であります。媚中派を弾劾する運動を起こす必要があります。

|

« 千駄木庵日乗四月十日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十二日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/40853246

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗四月十一日:

« 千駄木庵日乗四月十日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十二日 »