« 千駄木庵日乗四月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十八日 »

2008年4月18日 (金)

千駄木庵日乗四月十七日

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後一時半より、豊島区立地域文化創造館にて、「萬葉會」開催。小生が萬葉集作者未詳歌などを講義。

夕刻は、知人と懇談。

帰宅後は、「政治文化情報」発送準備など。

         ○

毎日忙しく過ごしております。暇になることはありません。元気なうちは働けるだけ働かなくてはいけないと思っています。ただし、健康には注意しなければなりません。お陰様で今のところ医者通いはせずに済んでおります。薬も、食べ過ぎの時の胃薬、腹をこわした時の「正露丸」(昔は征露丸と言ったそうです)以外はのんだことがありません。ありがたいことだと思っております。

しかし、申すまでもありませんが、油断大敵です。何しろ太り過ぎです。食欲があり、安くてうまいものを食するのが何よりの楽しみであります。血圧は正常ですが、心臓はどうなのか、医者の見てもらったことはありません。医者に行く暇がないというよりも、怖いのかもしれません。

酒は百薬の長という程度にとどめております。煙草は一日十本以下。それ以上はまずくなり吸えません。酒を呑んだ時以外、動悸がするということはないのですが、果たして大丈夫か。神に祈るのみであります。

最近、親しい友人・同志・知人しかも同年輩か私より少し年下の人に入院する人が多いのです。それぞれ重要な立場で活躍している人なので心配です。何とか無事に退院してほしいと願うばかりです。

        ○

言論の自由・表現の自由は守られねばなりません。最も言論の自由・表現の自由を侵害している国は支那であり北朝鮮です。そしてその手先のような連中が靖国神社に対して不当なる中傷圧迫を加えているのです。こうした勢力に対する批判活動は断じてやめるわけにはいきません。まして国会議員の正統なる行為を「言論の自由の圧迫だ」などと騒ぐことは絶対に許せません。

|

« 千駄木庵日乗四月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十八日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/40911362

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗四月十七日:

« 千駄木庵日乗四月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十八日 »