« 千駄木庵日乗二月五日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月七日 »

2008年2月 7日 (木)

千駄木庵日乗二月六日

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。

お昼は知人と懇談。

午後からは在宅して原稿執筆。

         ○

今日は、鹿児島出身の人と懇談しました。故郷から帰って来られたので、薩摩揚げをお土産に頂きました。小生の大好物です。薩摩揚げが嫌いな人はあまりいないと思います。

鹿児島は、私も数回訪れましたが、本当に素晴らしいところです。桜島の眺めは、まことに美しく、また行きたいと思っております。また天孫が降臨された高千穂の峯もあります。江戸時代以降、天孫降臨の地をめぐっては「臼杵高千穂説」と「霧島高千穂説」が「高千穂論争」を続けています。実際に論文の数を比較すると「霧島高千穂説」の方が支持者が多いようです。

霧島の雄大な眺めを仰ぎますと、天孫瓊瓊杵尊が高天原から降臨されたといふ神話を実感します。以前鹿児島を訪れた時、川内市宮内町に鎮まりまします天津日高彦火瓊々杵尊の可愛山御陵に参拝しました。

また明治維新の大功労者西郷隆盛・大久保利通などを生んだ地でもあります。維新回天の歴史は鹿児島から発したと言っても過言ではありません。しかし、明治になって西南戦争という悲劇が起こり、近代日本を建設すべき多くの若者たちが命を失いました。

今日は、薩摩揚げをいただきながら、鹿児島に思いを馳せた次第であります。NHKの大河ドラマ「篤姫」も面白いようです。明治維新の歴史をどう描くか見ものです。

|

« 千駄木庵日乗二月五日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月七日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/40022315

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗二月六日:

« 千駄木庵日乗二月五日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月七日 »