« 千駄木庵日乗二月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月三日 »

2008年2月 3日 (日)

千駄木庵日乗二月二日

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後は、菩提寺に赴き、先祖のお墓を掃苔。祈りを捧げる。

午後二時より、節分会法要執行。菩提寺住職が導師となりて、観音経・般若心経を読誦し。護摩を焚く。そして豆撒きを行う。終了後懇親会。

帰宅後は、諸雑務、『政治文化情報』原稿執筆の準備。                        

            ○

先祖のお墓をお参りすると心が落ち着きます。祖霊への感謝を捧げ、御守護を祈るというのは、古代以来の日本の傳統信仰であります。父母の健康回復と長寿をお祈りしました。豆撒きは邪気を払い、福を呼ぶ行事です。

次号の『政治文化情報』は、後鳥羽上皇と和歌の道統について書くつもりです。「承久の変」を起こされた後鳥羽院は権力の回復を望まれたのではなく、文武の道を明らかにし、國體の本姿の回復を希求せられたということを論じたいと思います。また、天皇の国家統治と和歌が一体であるということも論じたいと思います。

|

« 千駄木庵日乗二月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月三日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/17939372

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗二月二日:

« 千駄木庵日乗二月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月三日 »