« 千駄木庵日乗十二月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十八日 »

2007年12月18日 (火)

千駄木庵日乗十二月十七日

午前は父母のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後十二時半より、本郷の展転社にて、「時局戦略懇話会緊急幹事会」開催。直近に開かれる集会について打ち合わせ。

終了後、東京大学構内を経由して根津の谷に下り、都バスで帰宅。

帰宅後は、木曜日の「しきしまの会」における講義の準備など。

         ○

東京大学は、申すまでもなく、江戸時代には加賀前田藩の上屋敷でした。赤門をくぐり、構内に入りますと、多くの校舎が並んでいます。古い建物が多いようです。

石段を下りゆくと、三四郎池があります。前田藩邸時代は、江戸第一の名園といわれたそうですが、今やその面影を残すのはこの池のみのようです。カルガモが泳いでいました。餌を与える人が池畔に立ちますと、群れをなして集まってきました。加賀前田藩は、加賀宰相といわれ外様大名筆頭の地位にありました。

弥生門から外に出て、坂を下りますと、根津の町になります。明治の初期までは、根津神社の裏には岡場所があったのですが、東大、一高が本郷向丘に開設されることとなり、風紀上問題ありとのことで、明治二十年に廃止され、その殆どは洲崎に移りました。売春防止法施行までにぎわった洲崎パラダイスのルーツは実に根津にあったのであります。

文京区には、前田藩邸跡の他、水戸藩邸跡の後楽園、柳沢吉保邸跡の六義園という大名屋敷跡の庭園があります。

私がよく遊びに行った千駄木にある須藤公園も、江戸時代の加賀藩の支藩の大聖寺藩(十万石)の屋敷跡です。前田藩邸跡と比べればもちろん規模は小さいのですが、本郷台地の崖を利用した滝と池のある回遊式の庭園です。

|

« 千駄木庵日乗十二月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十八日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/17400061

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十二月十七日:

« 千駄木庵日乗十二月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十八日 »