« 千駄木庵日乗十一月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十六日 »

2007年11月16日 (金)

千駄木庵日乗十一月十五日

午前は、父のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後一時半より、豊島区立千早地域文化創造館にて、「萬葉会」開催。磐姫皇后の御歌を講義。

帰宅後は、「政治文化情報」の発送準備など。

          ○

国会で守屋前防衛事務次官の証人喚問が行われた。率直に言って、私はこの証人喚問というのが大嫌いである。北朝鮮など共産国家・独裁国家で行われる公開処刑・人民裁判と同質であると思う。

政府与党は、守屋氏を生贄・スケープゴートとして差し出したのである。民主党などの野党は、党利党略のために守屋氏を責め立てたのである。

要するに一人の人間を極悪人と断罪し、寄ってたかって懲らしめているということだ。しかも、テレビで生中継する。すなわち江戸時代に行われた市中引き回しを全国規模で行ったということである。

大勢で追いまわしたり待ち伏せたり自宅前に押し掛けたりして、カメラやマイクを突き付けつるしあげ、国会で公開人民裁判を行うのは、まさにイジメであり魔女狩りである。大人たちのこういう残虐な行為を子供たちが「正しい行為だ」として真似をするのは当然である。こういうことが平気で行われる日本の国は本当に異常になっている。

守屋氏程度のことで証人喚問という公開人民裁判・魔女狩りが行われるのなら、世の中にはもっともっと悪い奴らが沢山いる。国家民族のためにならない亡国政治家どもをみんな公開人民裁判にかけ、市中引き回しの刑に処すべきである。

|

« 千駄木庵日乗十一月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十六日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/17086672

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十一月十五日:

« 千駄木庵日乗十一月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十六日 »