« 千駄木庵日乗十月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月三日 »

2007年10月 3日 (水)

千駄木庵日乗十月二日

午後は原稿執筆など。

午後六時より、ある政治家の会合に出席。

帰宅後は原稿執筆。『月刊日本』用の「萬葉集」の解釈です。

             ○

今日の夕方の会合では、いろいろな政治家が来て話をしました。面白かったのは、民主党の議員がテレビなどで激しく論戦を交わしている自民党の議員と仲良く握手をして「頑張って下さい」などと言っていました。あの激しい対立と論戦は一体何なのだろうかと思いました。

以前、国会の予算委員会で小泉総理に対する質問を終えた当時の岡田民主党代表に対して、橋本元総理が座ったまま声をかけ、「俺の答弁の方が良いだろう」と言ったら、岡田氏が笑いながら直立して何回も頭を下げていたのを傍聴席から見ました。

あるパーティーでは、共産党の上田耕一郎副委員長(当時)と自民党の参院議員が仲良さそうに話しているところに、新左翼系の遠藤誠弁護士(故人)が近づいて来て上田氏に「あなたは国際派だった」と言いました。上田氏は困った顔をしていました。左翼同士の方が仲が悪いのだというのを実感しました。また、党派対立と人間関係とはまた別のものなのだと思いました。

|

« 千駄木庵日乗十月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月三日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/16644853

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月二日:

« 千駄木庵日乗十月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月三日 »