« 千駄木庵日乗九月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十三日 »

2007年9月13日 (木)

千駄木庵日乗九月十二日

午前は父のお世話。訪問看護師の方と共なり。

お昼は知人と懇談。

午後からは、安倍総理辞任のテレビ報道を見つつ「政治文化情報」の発送準備など。

         ○

病院に緊急入院して、職務に耐えられないと発表して辞任すれば、無責任の謗りを免れたのに、代表質問の直前にわざわざ記者会見を開いて辞任を表明するというのは全く愚かなことです。やはり良き参謀がいないのでしょう。

それにしても、今日のテレビ報道では何時もなら何かと登場して安倍氏にいろいろ意見を言う森喜朗氏が出てこないのは不思議です。海外にでも行っているのでしょうか。安倍氏の周りには、森氏や中川秀直氏や福田康夫氏や小泉前総理など政治経験豊富な先輩が多くいるのに、親身になって助けてあげられなかったのでしょうか。

以前、野中広務氏は「小沢一郎は悪魔だ」とか言いましたが、「あるいはそうかなあ」と思いたくなります。何故なら、小沢氏と関わりを持った人が寿命を縮めたことがこれまで何回かあったからです。田中角栄は小沢たちの裏切り行為によって脳梗塞で倒れ、金丸信も同じように小沢の裏切りによって病に倒れ、小渕恵三元総理もまた小沢の連立解消騒動が引き金となり斃れました。今回、安倍総理は、小沢民主党との参院選の戦いに敗れたことにより心身ともに疲れ果て、且つ小沢の事実上の会見拒否が直接の引き金となって、辞任に追い込まれました。辞任後入院するとも言われています。

安倍氏の辞任は本当に残念です。安倍氏が総理になった時、これで自主憲法制定・教育改革・自主国防体制の確立・歴史問題の解決・拉致問題の解決などが前進し、戦後体制打倒・日本再生が実現すると期待したのです。しかるに、本来安倍氏自身の責任ではないことで、色々な問題が噴出し、参院選に敗北し、ついにこのような事態になりました。

何としても、民主党・社民党・共産党の連合政権は阻止しなければなりません。小沢が自民党にとっての悪魔ならまだしも、国家民族にとっての悪魔であるというのは考え過ぎでしようか。

|

« 千駄木庵日乗九月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十三日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/16431333

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗九月十二日:

« 千駄木庵日乗九月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十三日 »