« 千駄木庵日乗九月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十一日 »

2007年9月21日 (金)

千駄木庵日乗九月二十日

午前は、父のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後一時半より、豊島区立千早地域文化創造館にて、「萬葉會」開催。小生が、元明天皇御製などを講義。

その後、同志の方と懇談。

帰宅後は、原稿執筆など。

           ○

ある国会議員の方からわざわざお電話をいただきまして、「私は麻生氏を支持することを決断しました。靖国神社参拝をしないと公言し正しい保守の立場を鮮明にしない人を支持するわけにはいきません。私の属するグループの幹部の人にも了解を得ました」と述べられました。勝ち馬に乗ろうとして、福田支持の立場をとる議員が多いといわれる中にあって、勇気ある決断をした同志議員に敬意を表します。こういう議員が続々と増えることを祈ります。

最近、戦後体制打倒・日本再生の動きが現実化してきつつあったにもかかわらず、平沼赳夫氏が郵政問題で自民党を離れた上に病に倒れ、西村眞悟氏が有罪の判決を受け、さらに安倍晋三氏が病に倒れ総理辞職の事態になるなど、真正保守の愛国政治家に続いて変事が起こりました。まことに残念としか言いようがありません。

幸い、平沼・西村両氏は、変事を撥ね退け元気で活動しています。昨日議員会館でお見かけした平沼氏は顔色も良くお元気そうでした。安倍氏は、反日マスコミと小沢一郎に苛め倒されたと言っていいと思います。安倍氏が一日も早く元気を回復して、戦線に復帰することを祈るのみです。

私は、微力であることは充分に承知をしておりますが、正しい政治家を出来得る限り応援し、國の為にならない政治家を批判し糾弾することにつとめたいと思います。

|

« 千駄木庵日乗九月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十一日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/16517751

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗九月二十日:

« 千駄木庵日乗九月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十一日 »