« 千駄木庵日乗八月七日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月九日 »

2007年8月 9日 (木)

千駄木庵日乗八月八日

午前は、父のお世話。訪問看護師の方と共なり。

その後は在宅して、原稿執筆。

           ○

テレビで川人博という弁護士が「人権運動家・平和運動家がナチスのことは問題にして北朝鮮のことは問題にしないのはおかしい。ラング-ン事件や大韓航空機事件の謝罪も補償もしていない北朝鮮を韓国の大統領が訪問するのはおかしい」と語っていました。全くその通りだと思います。戦後の平和運動人権運動は、すべてそういう姿勢を貫いてきました。祖国日本やアメリカやドイツの戦争行為に対しては厳しい批判や抗議をおこなっても、旧ソ連・共産支那・北朝鮮の侵略行為・残虐行為・人権侵害がいかに酷くても、何の批判も抗議もしないといのが左翼平和運動・人権運動なのです。断じて許し難いと思います。先日死去した小田実などはその典型でした。こういう似非平和運動・人権運動を大きく取り上げて来たマスコミの姿勢もおかしいのです。偏向マスコミは年金問題を、安倍批判の為に恣意的に利用したと思います。

|

« 千駄木庵日乗八月七日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月九日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/16053933

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗八月八日:

« 千駄木庵日乗八月七日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月九日 »