« 千駄木庵日乗八月十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月十七日 »

2007年8月17日 (金)

千駄木庵日乗八月十六日

午前は父のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後一時半より、豊島区立千早地域文化創造館にて、「萬葉會」開催。小生が志貴皇子の御歌などを講義。

帰宅後は、「政治文化情報」発送準備など。

          ○

私の萬葉集講義を聴きに来てくださっているある法律家の方と、会場からの帰途、少し話し合ったのですが、民族運動・真正保守運動が長く続けられて来ましたが、少しでも日本が良くなったかということが話題となりました。

論壇に於いて、真正保守の論陣を張る「諸君」「「正論」「サピオ」といった雑誌が出ていること、そして「世界」「朝日ジャーナル」「中央公論」という左派系の雑誌が力を失ったか廃刊になっているという事実はあります。しかし、テレビ・新聞の偏向姿勢・反日姿勢は全く変わっていません。

今日の世情は、昭和四十五年の市ヶ谷台上の義挙(いわゆる三島事件)において三島氏が指摘した祖国の危機的状況はその後四十年近くを経過してますますひどくなっています。三島氏の予言が的中したと言えます。國内外の情勢は当時より確実に悪くなっています。外圧はひどくなっているのに、国民精神は劣化し、経済も政治も疲弊しています。相当の覚悟を持って今後の運動を展開していかなければならないと思います。

|

« 千駄木庵日乗八月十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月十七日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/16141939

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗八月十六日:

« 千駄木庵日乗八月十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月十七日 »