« 千駄木庵日乗七月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月八日 »

2007年7月 8日 (日)

千駄木庵日乗七月七日

午前は父のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後からは、在宅して、資料整理・書状執筆など。

            ○

日本近代史で、私が大きな謎と思っていることは二つあります。一つは、「西南戦争は何故起こったのか」ということ、そしてもう一つは、「大本教大弾圧は何故起こったのか」ということであります。この二つは、日本近代史の光と影を考えるときに避けて通れぬ大問題だと思います。

最近、元毎日新聞記者でノンフィクション作家である早瀬桂一氏が書いた『大本襲撃』という本を読みました。昭和十年に、「治安維持法違反・不敬罪」の容疑で行われた大本教弾圧について書かれている本です。今まで、大本弾圧については色々な人が論じてきましたが、この本は色々新しい資料や証言をもとにして書かれてあります。ただし、大本教団や、出口家の人々の協力を得ていますので、大本教サイドに立った内容になっています。

大本教が「治安維持法違反・不敬罪」に問われたのは、「出口王仁三郎が天皇となり、日本を統治するという思想を抱きそれを実現すべく行動を起こそうとした」とされたからであります。それが真実であったかどうか、いまだにはっきりとわかりません。今の大本教団は否定しているようですが、教団から追放されたり脱退した人には、はっきりと肯定する人もいます。しかし、昭和維新運動の指導者・内田良平先生は、出口王仁三郎氏の盟友であり、ともに協力して維新運動を行いました。一方、生長の家の谷口雅春先生は大本教出身ですが、はっきりと「大本教は國體転覆を目的としていた」という意味のことを言っておられました。

戦前の維新運動と大教団と手を結んだことを恐れた権力側が無実の罪をでっちあげて弾圧したのだと言う人もいます。

このように、大本教弾圧はまさに謎なのです。この問題は、わが国近代の神道史・宗教史・警察史そして維新運動史の大問題であり、謎なのであります。

|

« 千駄木庵日乗七月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月八日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/15686390

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗七月七日:

« 千駄木庵日乗七月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月八日 »