« 千駄木庵日乗七月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月十三日 »

2007年7月13日 (金)

千駄木庵日乗七月十二日

朝から父のお世話。

正午、新橋駅前にて維新政党新風に第一声。魚谷哲央・瀬戸弘幸・鈴木信行の三候補者が獅子吼。小生が結語を述べた。

その後帰宅し、「政治文化情報」の原稿執筆。夕方知人と懇談。

夜も、原稿執筆。

           ○

今日私が選挙演説で訴えたのは次のことです。

 街宣車に堂々と国旗である日章旗を掲揚している政党は維新政党新風のみ。

 自民党から共産党まで改革を叫ぶが、真に日本の伝統に根差した改革すなわち維新を訴えているのは維新政党新風のみ。

 戦後六十年間日本を混迷に陥れて来た現行占領憲法の破棄を訴えているのは維新政党新風のみ。

 祖国を侵略国家からの核攻撃から守るための核抑止力の保持すなわち日本の核武装を堂々と訴えているのは維新政党新風のみ。

以上です。

小雨の中でしたが、大勢の支援者が集まり、且つ、通行中の人々も多く立ち止まってわれわれの訴えを聞いてくれました。

|

« 千駄木庵日乗七月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月十三日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/15740572

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗七月十二日:

« 千駄木庵日乗七月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月十三日 »