« 千駄木庵日乗七月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月二日 »

2007年7月 2日 (月)

千駄木庵日乗七月一日

午前は父のお世話。訪問看護師の方と共なり。

午後からは、在宅して資料整理・書状執筆など。

          ○

中曽根康弘氏が、宮澤喜一氏の追悼番組で、政治家特に総理大臣は「運」に左右される、という意味のことを言っていました。総理経験者としての実感なのでしょう。小泉前総理は、実に運が良かったと思います。ピンチに見舞われてもそれをうまく切り抜け跳ね返してきました。ところが、安倍総理は、どうも運が悪いように思われます。閣僚の失言の連続・自殺、そして年金問題など、相次いで「不運」と言ってよいことが起こっています。安倍氏は何とかめげずに頑張っていますが、大変だと思います。

野党の民主党は調子に乗って安倍総理・政府批判を行っていますが、彼等に政権をまかすわけにはいきません。参院選挙で、与野党が逆転し、政治が混乱して、総選挙となり、民主・社民・共産の連立政権ができる危険があります。権力亡者の小沢一郎は、沖縄の選挙で反米・反基地の社民・共産とも手を握りました。彼は国家の将来とか、国民の安全と幸福とかよりも、自民党憎しの思いに凝り固まり、自民党からの権力奪だけが目的なのです。こんな政治家が総理になることは食い止めねばなりません。

|

« 千駄木庵日乗七月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月二日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/15622095

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗七月一日:

« 千駄木庵日乗七月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月二日 »