« 千駄木庵日乗六月九日 | トップページ | 千駄木庵日乗漉月十一日 »

2007年6月11日 (月)

千駄木庵日乗六月十日

午前は父のお世話。訪問看護師の方と共なり。

以後在宅して、『政治文化情報』の原稿執筆。

          ○

今日は強い雨が降ったり止んだりして、午後になると明るい青空が見えました。わが国は、湿度が高く、緑が多く、水も清らかです。台風が来て多くの被害をもたらしますが、地上の穢れを祓い清める働きをします。そして台風一過の晴天に恵まれます。

このようなわが國の風土が、日本人の柔軟にして強靭な精神力そして清潔さを好む性格を生んだと思います。日本人は自然を敵とすることなく、自然とよく調和して生きてきました。台風や地震などの自然の猛威に対してすらそれによく耐え忍んで生きてきました。

大東亜戦争の敗北という建国以来の大きな苦難を経験しましたが、短期間で力強く復興を遂げました。これも日本人が風土の中から培ってきた力によるものと思います。日本人は自然と対立し自然と闘い自然を憎むということはあまりないと思います。それと同様に、アメリカのどんな仕打ちをされても、戦争が終わってしまえば、「敗戦」を「終戦」、「占領軍」を「進駐軍」、「隷属の下」を「制限の下」などと言い換えて、憎んだり敵対したりしませんでした。それが日本人の長所でもあり、短所でもあると思います。

|

« 千駄木庵日乗六月九日 | トップページ | 千駄木庵日乗漉月十一日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/15390342

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗六月十日:

« 千駄木庵日乗六月九日 | トップページ | 千駄木庵日乗漉月十一日 »