« 千駄木庵日乗五月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月九日 »

2007年5月 9日 (水)

千駄木庵日乗五月八日

朝は、訪問看護師の方とともに父のお世話。

お昼は、ある先輩と懇談打ち合わせ。

午後も、ある先輩の事務所訪問。懇談打ち合わせ。

帰宅後は原稿執筆など。

                   ○

小沢一郎氏は、憲法問題を参院戦の争点にするのに反対しました。しかし、憲法問題こそ、国家の基本問題であり、国政選挙の最大の争点でなければなりません。民主党内に改憲反対の旧社会党系の議員がいるため、意見がまとまらずバラバラなので、こういうことを言うのでしよう。

政権交代を目指すのなら、憲法・安保・外交・教育といった国家基本問題で、正々堂々政権与党と論議を戦わせるべきであります。自民党に空きがないから民主党から立って議員になったという人も多いようです。つまり今の二大政党とは、政治理念・政策の相違によるのではないのです。内憂外患交々迫るといった国難の時期にこんなことでは駄目です。

自民党の改憲試案は、改悪と言っていいシロモノですが、民主党は国政選挙を目前にして改憲試案すら提示できないのです。これでは国政を論ずる資格はないのではないでしようか。もっとしっかりしてほいと思います。それにつけても、前原氏の代表辞任により、民主党内の世代交代が遅れたことを残念に思います。

|

« 千駄木庵日乗五月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月九日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/15005793

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗五月八日:

« 千駄木庵日乗五月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月九日 »