« 千駄木庵日乗五月二十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十三日 »

2007年5月23日 (水)

千駄木庵日乗五月二十二日

午前は、訪問看護師の方と共に父のお世話。

お昼は、知人と懇談・打ち合わせ。

午後は、明日の夜、駒込地域文化創造館で行う萬葉集講義の準備。

午後六時より、虎ノ門パストラルにて『渡部篤君と語る会』開催。津島雄二・額賀福志四郎・片山虎之助・久間章生・船田元の各氏および大谷哲夫駒沢大総長・大堀勉岩手医科大学理事長などが祝辞を述べた。そして、渡部篤氏が挨拶し、笹川堯氏の音頭で乾杯を行った。

渡部篤氏とは、会津若松市議時代に、大日本生産党の杉山清一書記長に紹介されて以来の付き合いです。自民党の衆院議員ですが、郷土会津を愛し、祖国愛も強い人です。二世・三世代議士の多い時代に、這い上がってきた努力家であり情熱のある人であります。小選挙区では、渡部恒三氏に惜敗しましたが、比例で復活当選しました。今後の大成を祈っています。

帰宅後も、明日の講義の準備。

                ○

萬葉集を読んでいますと、本当に心が休まります。古代日本人の心情と申しますか、生活の中から生まれた美感覚・情念・信仰心というものがひしひしと伝わってきます。そしてそれは、現代に生きる我々が回復すべき日本人の真精神であります。しかも和歌ですから、理論理屈ではありません。まさに心に沁みわたる情念であります。敬神の心・尊皇心・愛国心も、萬葉集に歌われている理屈ではない自然の心がその根本であります。記紀萬葉の精神こそが現代日本の精神的危機を打開すると信じております。

|

« 千駄木庵日乗五月二十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十三日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/15170274

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗五月二十二日:

« 千駄木庵日乗五月二十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十三日 »