« 千駄木庵日乗三月三十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月二日 »

2007年4月 2日 (月)

千駄木庵日乗四月一日

朝から、専門家の方に来ていただいて、パソコンの整備。この専門家の方は小生ののごく親しい友人で、色々助けて下さり、有り難く思っております。

午後十二時より、荻窪の教育創造研究所にて、「みすまるの宮例大祭」執行。祭文奏上・祝詞奏上・玉串奉奠などが行われた。祭主の菅家一比古氏が挨拶。小生らが祝辞を述べた。この後直会開催。

帰途、千駄木を散策。須藤公園・狸山公園などの桜を見る。

帰宅後、書状執筆など。

                ○

憲法改正の機運が盛り上がっているといわれますが、ただ改正すればいい、新しい憲法を作ればいいという話ではありません。現行占領憲法の欠陥を根本的に正さなければ改憲の意味はありません。現行憲法の最大の欠陥は、その原理にあります。国民主権・主権在民という思想は、君首と国民が絶対的に対立し、権力を奪い合った歴史を持つ欧米で生まれた思想です。祭祀国家であり君民一体の国柄であるわが日本にはまったく適合しない思想なのです。

しかるに、自民党や読売の改憲試案は、現行憲法三原理を踏襲しています。このような国体否定の国民主権という原理は全面的に否定すべきです。戦後及び現代日本の混迷の根本原因は、天皇を神聖君主と仰ぐ国体が正しく開顕されていないところにあるのです。

|

« 千駄木庵日乗三月三十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月二日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/14490990

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗四月一日:

« 千駄木庵日乗三月三十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月二日 »