« 千駄木庵日乗三月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月八日 »

2007年3月 8日 (木)

千駄木庵日乗三月七日

午前、訪問看護師来宅。共に父の世話。

午後は原稿執筆。

夕刻、知人と懇談。

帰宅後も原稿執筆。

                 〇

台湾の陳水扁政権が、従軍慰安婦問題については安倍総理の発言に対して、抗議声明を出した。全く困ったことである。わが国と台湾とは緊密な絆を築いて共に「中華帝国主義」のアジア侵略支配の策謀を阻止しなければならないのである。この重大な時期に、台湾政府がこのような声明を行なうのは、共産支那および日本国内の反台湾勢力を喜ばすだけである。許世楷駐日代表も困っているだろう。

こうした姿勢が、陳水扁政権が安定せず支持を伸ばさない原因であろう。そして国民党の政権復帰という最悪の事態を招く事となる。

もっとも日本国内にも、共産支那に媚を売って、歴史を捏造してまで、祖国の歴史を冒涜する勢力がいる。台湾独立支持は、それが正義であるからである。陳水扁政権がこのような発言を行ったからとて、台独支持をやめるわけにはいかない。しかし、陳水扁を支持するわけにはいかなくなるのは仕方がない。やはり李登輝前総統と比べると陳水扁は相当劣る人物である。ただし、いまの台湾外交部は、統一派の支那人が主導権を握っているという説もある。陳水扁の意向を無視してこういう声明を出したのかも知れない。

|

« 千駄木庵日乗三月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月八日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/14184683

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗三月七日:

« 千駄木庵日乗三月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月八日 »